介護士として人の役に立ちたいなら派遣も視野に入れよう

派遣でも問題なく働ける!介護士として活躍しよう

医療関係の求人が多い専門サイトを活用しよう

医療関係の求人を探す場合には、専門サイトを活用するといいかもしれません。職種専門に掲載されているので、探しやすくなっています。その時に福利厚生・給与面なども確認をして、きちんと情報収集をするようにしましょう。

サイトから応募して介護士として勤務するまでの流れ

最初に書類選考を行います。

応募サイトに記載されている職歴などで確認をします。面接の時に履歴書・職務経歴を持っていくことが多いのですが、先にこれらを郵送する場合もあります。書類選考に通過した場合に次のステップの面接の連絡が来ます。

書類選考通過後は面接です。

面接連絡が来た場合には、日程調整を行います。派遣の場合には、派遣会社が調整を行います。そして、企業と約束した日時に面接に行きましょう。その時に希望条件・経験・スキルなどをもとに、仕事内容などを確認しながら話を進めていきます。

面接後は結果の連絡が来ます。

面接結果で合格の連絡が来た場合には、双方合意で就職が決まります。そして、勤務条件を再度確認をしていきます。就職が決まった場合には、介護士など自分の希望の仕事をすることができます。不合格の場合には求人探しから行います。

勤務条件を確認します。

実際に仕事をする場合の労働契約期間・就業場所・業務に関することです。そして、始業時間・就業時刻・所定労働時間を超えた労働の有無、休憩時間・休日、交代制の場合は就業転換・賃金・支払い方法など給与面などになります。

介護士として人の役に立ちたいなら派遣も視野に入れよう

手

仕事内容をしっかりと確認してから応募

求人サイト・求人雑誌から仕事を探す場合には、仕事内容をきちんと確認しましょう。派遣の場合は、派遣会社の担当の人に確認しましょう。求人サイトなどは仕事内容の記載範囲が限られてしまいます。あまり情報がない場合には、きちんと確認する必要があります。勤務してから、思っていた条件と違うということがないようにしっかりと確認をしましょう。

介護士の就業形態は様々

常勤で働く場合、フルタイムでの勤務になりますが、日勤・夜勤になります。勤務はシフト制になります。派遣で働く場合は、アルバイト・パートに比べて時給が高めです。週3~5日などで仕事をすることができます。最後に、非常勤で働く場合は勤務日数・曜日を決めて仕事をすることができます。復職をする場合にも便利な働き方になります。

面接の際には求人情報に偽りがないかチェック

面接に行った時に、求人情報と違っていないかを確認しましょう。面接の時にどのような仕事・役職になるのか、業務内容・勤務地はどこになるか、1日の勤務時間・休憩時間などです。その他には、月給・賞与・支払日・休日日数(夏季・冬季など)・福利厚生などです。掲載されている情報とあまり違いすぎる場合には気を付けたほうがいいかもしれません。

専門サイトを活用して採用が決まった人の嬉しい声

転職先に満足しています。

求人数が多いので、希望通りの仕事を見つけるのは難しかったです。転職サイトで仕事を紹介してもらい、少し負担が軽くなって、満足のいく転職ができました。

求人内容がわかりやすかったです。

やはり専門の求人サイトだと、利用しやすかったです。そして、待遇面などの情報などもわかりやすく、写真が掲載されていたので職場の雰囲気もイメージができました。

複数の求人を紹介してもらえました。

転職サイトを活用してみたら、思っていた以上に求人を紹介してもらえました。生活圏内での仕事がなかなか見つけられませんでしたが、紹介してもらえたのよかったです。

親切に対応してもらえました。

40歳代での転職でしたが、条件内で未経験でも仕事を紹介してもらえました。専門サイトのネットワークの広さを感じました。スタッフの方の対応も親切で、非常に好感を持つことができ、利用してよかったと思っています。

時給で比較ができました。

転職する場合の時給・地域など、希望条件を設定して検索することができます。時給・実働時間でだいたいの月収もわかりやすかったです。専門サイトだと求人内容の比較がしやすく、参考になりました。

広告募集中